看護師との違いとは

保健師と看護師とは似たような響きがありますが、どんな違いがあるのでしょうか?どちらも健康や病気にかかわる仕事であることはわかりますが、上手く説明することは難しいですね。

簡単にいえば、看護師は病気や怪我をした人が治るまでの手伝いをしますが、保健師は病気や怪我にならないための手伝いをするのです。

実は、保健師と看護師はどちらも「保健師助産師看護師法」という法律で定められた国家資格です。つまり、国家試験に合格して国から免許をもらわなければ、手にすることができない資格なのです。

保健師助産師看護師法」では、保健師は厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を使って保健指導に当たる者としています。

また看護師は、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者や療養者の世話をしたり診療補助をしたりする者としています。

国家試験についてさらに詳しく説明すると、看護師免許は看護師国家試験に合格した人が得られるものであり、保健師免許は看護師国家試験だけでなく保健師国家試験にも合格しなければ得られい資格となっています。

ですから、保健師は看護師の資格にさらにプラスアルファとなる能力を認められているわけです。ちなみに、保健師国家試験を受験するためには、厚生労働大臣や文部科学大臣の指定する資格が必要です。

保健師の求人情報

医療ワーカー

医療ワーカー】では、無料登録することで保健師向けの求人案件をいろいろ探すことができます。日本全国の求人状況がわかるので、求人を探す際には登録しておくと何かと便利です。

Copyright © 2008 保健師になるには. All rights reserved