保健師の給料について

保健師になったとしたら、一体どのくらいの給料を手にすることができるのでしょうか?保健師には地域の保健師、産業保健師、学校保健師など色々な種類があり、公務員に該当するケースもあれば、民間企業に勤務するサラリーマンに該当するケースもあります。

そのため、保健師の給料を平均的にすることはできません。それぞれのケースの給料についてご紹介していきましょう。

公務員として保健師になった場合には、仕事につく地域によって、行政職の給与体系の対象になったり医療職の給与体系の対象になったりします。たいていの場合は、初任給で20万円前後になることが多いようです。

ボーナスについては、公務員であれば都道府県や市町村の職員とすると、1年間で数か月分の期末手当が支給される仕組みになっています。

産業保健師として企業に就職した場合は、正社員であれば初任給で22万円から27万円といったところになります。派遣やパートであれば、2,200円程度というのが一般的な時給のようです。

産業保健師としてのボーナスについては、支給があるところの方が多いのですが、支給されないケースも見られます。学校保健師は、公立学校で勤務するか私立学校で勤務するかによって差が出てくるといわれています。


保健師の求人情報

医療ワーカー

医療ワーカー】では、無料登録することで保健師向けの求人案件をいろいろ探すことができます。日本全国の求人状況がわかるので、求人を探す際には登録しておくと何かと便利です。

Copyright © 2008 保健師になるには. All rights reserved