保健師の主な仕事内容

保健師は「地域の保健師」「学校保健師」「産業保健師」などに分けることができ、それぞれの仕事内容も少しずつ異なります。

ただし、名称の違いがあったとしても、保健師としての基本的な仕事は共通しているものです。
そして、人々の健康を守っていくためには欠かせない職業となっています。

それでは、様々な保健師の仕事内容について確認してみましょう。「地域の保健師」は、公務員採用試験に合格した人だけがなれるものです。

都道府県や市町村における産業保健師は保健センターなどで、地域住民の病気の予防活動、健康増進活動、病人のいる家庭へのアドバイスなどを行います。

「学校保健師」は、名前の通り学校に在籍し、学校の教職員や生徒の健康管理を行う仕事です。「産業保健師」は、一般的に民間企業で働く保健師のことを指しています。

企業で働くサラリーマンの健康管理、健康維持に関する企画と実施などが仕事の内容になります。そのため、企業で働く産業医や人事労務担当者といった人達と関わることが多くなるでしょう。

さらに、産業保健師の最近の傾向として、企業の健康管理センターに勤務したり、色々な企業の産業保健師の業務を担うコールセンターにおいて仕事もしたりするケースも多くなっています。

保健師の求人情報

医療ワーカー

医療ワーカー】では、無料登録することで保健師向けの求人案件をいろいろ探すことができます。日本全国の求人状況がわかるので、求人を探す際には登録しておくと何かと便利です。

Copyright © 2008 保健師になるには. All rights reserved