保健師国家試験の科目

保健師国家試験の科目には、地域看護学、疫学・保健統計、保健福祉行政論があります。地域看護学は看護学の一分野であり、人々の病気の予防や健康維持と増進が目的になっています。保健師の仕事には不可欠な内容ですね。

地域看護学が指す地域とは、色々な人々が入り混じって居住しており、高齢者、精神障害者、身体障害者、知的障害者、難病患者、妊産婦、新生児などを対象とします。

また地域看護学では、都道府県の保健所や市区町村の保健センターなどにおける保健師活動にともなう公衆衛生看護学だけでなく、在宅療養者を対象とした訪問看護にともなう在宅看護も大きなテーマになっています。

疫学・保健統計では、疫学の目標である病気の予防や健康な生活の維持といったことを理解し、それを成し遂げるための疫学的方法や思考を身につけることが目的です。

保健師は集団を相手にする職業なので、保健統計に通じて必要な知識や利用方法を学ばなくてはなりません。保健福祉行政論は医療保健の分野において、今後ますます重要なものになっていくとされています。

高齢化が進む日本社会においては必要とされる仕事は年々増え続けており、ハイレベルな保健師が広く求められているのです。

保健師の求人情報

医療ワーカー

医療ワーカー】では、無料登録することで保健師向けの求人案件をいろいろ探すことができます。日本全国の求人状況がわかるので、求人を探す際には登録しておくと何かと便利です。

Copyright © 2008 保健師になるには. All rights reserved