看護専門学校で学ぶ

保健師国家試験に向けての資格を得るためには、看護専門学校に通う方法もあります。看護専門学校というのは、保健師を目指すうえで欠かせない看護師のための教育を実施する学校です。

一般的には全日制が多く、3年間学ぶことになっています。看護専門学校における専門教育では、看護に関する講義のみならず、医療処置や看護技術にともなう実技や、病院実習などが含まれていることが特徴になっています。

卒業すると同時に看護師国家試験の受験資格が得られるため、試験に合格すればすぐに看護師になることが可能です。

学校としての法的な立場は、専修学校の中の専門学校になっていることが多く、中には各種学校になっているケースもあります。

かつては働きながら看護専門学校で学ぶ人もよく見られ夜間制や定時制もありましたが、現在ではかなり減っており、かえって社会人の入学が増えています。看護専門学校は看護大学とは異なり、看護師の受験資格が得られるだけです。

ということで、保健師国家試験の受験資格を得るためには、さらに保健師・助産師養成所へと進学しなくてはなりません。

ただし、保健師統合カリキュラムというものを導入することで、保健師国家試験の受験資格が得られる4年制の学校もあります。

保健師の求人情報

医療ワーカー

医療ワーカー】では、無料登録することで保健師向けの求人案件をいろいろ探すことができます。日本全国の求人状況がわかるので、求人を探す際には登録しておくと何かと便利です。

Copyright © 2008 保健師になるには. All rights reserved