保健師までの道のり

保健師までの道のりにはいくつかにわかれています。おおよそ、3つのパターンに分けることができます。

1.高校の看護科で3年間勉強して看護専門学校へ進学して2年間、さらに保健師学校で1年間勉強します。計6年かかります。

2.看護専門学校もしくは看護短大で3年間勉強して保健師学校へ進学して1年間勉強します。計4年かかります。

3.看護大学でのみ4年間勉強します。

現在、保健師として働いている人の多くは、看護専門学校もしくは看護短大で3年間勉強して保健師学校へ進学したタイプでしょう。

最近増えているのは、看護大学や医学部看護学科などの4年制大学において学ぶ人です。また、一度看護師として働いてから保健師への道を目指す人もいます。その場合は、やはり2番目のパターンに当てはまるでしょう。

大学の2年生に編入という方法もありますが、かなり難しいようです。しかし、学問として看護や保健をしっかりと学びたいのであれば大学編入がおすすめです。

保健師までの道のりで4年制大学を選ぶメリットとしては、保健師以外にも、看護師や助産師などの受験資格が卒業と同時に得られることです。また、専門学校などに比べて、授業や実習内容にゆとりがあることも特徴となっています。

保健師の求人情報

医療ワーカー

医療ワーカー】では、無料登録することで保健師向けの求人案件をいろいろ探すことができます。日本全国の求人状況がわかるので、求人を探す際には登録しておくと何かと便利です。

Copyright © 2008 保健師になるには. All rights reserved