学校保健師として働く

学校保健師は、学校保健法という法律によって定められている通り、学生だけでなく教職員の健康維持や健康増進に気を配ることが仕事になります。

学校保健法では、学校という場所における保健管理または安全管理に必要なことをあらかじめ定めており、児童、生徒、学生、教職員の健康の保持増進を目的にしているのです。

そのため、学校保健師は、初等中等教育の場では養護教諭と似たような仕事が多くなっています。ただし、養護教諭は、一般的に保健室などにいつもいる形になっています。

そして、校内において学生の怪我や病気などの応急処置を行ったり、健康診断や健康観察等などから学生の心身の健康を守っていく立場の学校職員となります。応急処置を施した時には、医療機関受診の必要かどうかの判断もしなければなりません。

また、保健主事という仕事もあり、学校における保健管理をするケースも多くなります。学校保健師の仕事内容は、 学生や教職員の健康診断、健康管理や保健指導となっているので、これほど現場における仕事は多くありません。

養護教諭は教員なので教育学部等で学ぶことも多いのですが、必ずしも看護師免許を持っているわけではないというところも学校保健師と異なります。

保健師の求人情報

医療ワーカー

医療ワーカー】では、無料登録することで保健師向けの求人案件をいろいろ探すことができます。日本全国の求人状況がわかるので、求人を探す際には登録しておくと何かと便利です。

Copyright © 2008 保健師になるには. All rights reserved