産業カウンセラー

保健師になったらとれる資格に産業カウンセラーがあり、これは保健師を仕事にしていく上で役立つ資格といえます。特に、企業で産業保健師として働く人には非常におすすめです。

もちろん、カウンセリングのテクニックは、自治体における相談業務でもかなり利用できるものでしょう。

保健師としては、積極的に取得していきたい資格の一つですね。

産業カウンセラーというのは、心理的技法を活用して、従業員たちが抱えている問題を自分で解決できるように導いていくことを重要な任務としています。

ただし、産業保健師をしていると、健康診断などにおける事後の健康指導でせいいっぱいという状況もよく耳にします。

さらに、産業保健師の業務は事後指導が中心となってしまうために、企業の保健室に行くと起こられるから嫌だとか指導を受けに行きにくいというケースもあるようです。しかし、企業が発展していくためには、従業員の健康管理は見逃すこのできないポイントです。

そこで産業カウンセラーの資格を得られればカウンセリングの内容が向上し、事後指導においても安心して話をしてもらうことができます。

相手に感謝してもらえる健康指導が行えるようになるわけです。ストレスに対しての相談にも、有効になるでしょう。

保健師の求人情報

医療ワーカー

医療ワーカー】では、無料登録することで保健師向けの求人案件をいろいろ探すことができます。日本全国の求人状況がわかるので、求人を探す際には登録しておくと何かと便利です。

Copyright © 2008 保健師になるには. All rights reserved