介護支援専門員

保健師になったらとれる資格の一つとして、介護支援専門員があります。介護支援専門員は、ケアマネジャーと呼ばれるケースもあります。

介護支援専門員は、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、介護老人福祉施設など色々な事業所に所属しており、介護支援にともなう業務を行います。

たとえば、介護保険において支援したり介護したりする必要があると判断された人に対して、アセスメントによる介護計画を作成します。また、介護計画に関しての総合的なマネジメントを行っていくのです。

ですから、介護に関するあらゆる相談援助、介護に関わる機関との連絡調整、介護保険の給付管理などまで仕事内容になってきます。

平成19年度以降は、介護支援専門員として登録をする際にはは、5年ごとに所定の研修を受けてから登録更新をする制度が始まりました。

介護支援専門員として仕事につくためには、都道府県が行っている介護支援専門員実務研修に参加してから登録しなければなりません。

また、研修に参加するためには、まず介護支援専門員実務研修受講試験に合格する必要があります。受験資格を得るためには、保健師、助産師、看護師などの資格を持った上で5年以上の実務経験を経なければなりません。

保健師の求人情報

医療ワーカー

医療ワーカー】では、無料登録することで保健師向けの求人案件をいろいろ探すことができます。日本全国の求人状況がわかるので、求人を探す際には登録しておくと何かと便利です。

Copyright © 2008 保健師になるには. All rights reserved