健康運動実践指導者

保健師になったらとれる資格に健康運動実践指導者があります。

健康運動実践指導者というのは、健康作りに不可欠な運動を指導する職業です。運動指導の知識やテクニックを持つだけでなく、医学的基礎知識、運動生理学の知識などもなければいけません。

健康作りのために行うべき運動プログラムを作成し、その上で実践指導をしなくてはいけないからです。健康運動実践指導者になるには、健康運動実践指導者養成講習会に参加する必要があります。

あるいは健康運動実践指導者養成校における養成講座を学んでから、健康運動実践指導者認定試験に合格して、なおかつ健康運動実践指導者台帳に登録を行わなければなりません。

健康運動実践指導者に関わる講習会、養成校の認定、認定試験、登録のすべては、財団法人健康・体力づくり事業財団によって管理されています。

ちなみに、養成講習会の受講資格するためには、保健師をはじめとして、看護師、柔道整復師など運動指導を行う資格が必須になっています。

この資格がない場合は、体育系短期大学もしくは2年制の体育系専修学校程度の学校を卒業していなければなりません。3年以上運動指導にたずさわった経験を持つ人にも資格が認められています。

保健師の求人情報

医療ワーカー

医療ワーカー】では、無料登録することで保健師向けの求人案件をいろいろ探すことができます。日本全国の求人状況がわかるので、求人を探す際には登録しておくと何かと便利です。

Copyright © 2008 保健師になるには. All rights reserved